アドセンス合格と文字数のサムネネイル

Googleアドセンスの審査は、ブログで稼ぐための難関の一つとされています。

すぐに受かる人がいる一方で、なかなか合格できない人もおり、

悩む男性悩む男性

なんで全然合格できないんだろう…

と悩んでいる人も少なくありません。

というわけで当記事では、

  • アドセンスに合格するために、一記事の文字数はどれくらい必要なのか?
  • なぜ「文字数」を気にする人がアドセンス審査に落ちてしまうのか?
  • アドセンス審査に合格するために「文字数」以上に重要なこととは何か?

について、詳しく解説していきます。

ちなみに私は今まで9つのブログでアドセンス審査に合格しており、全て一発合格しています。これは決して、私が特別な人間だからではありません(むしろポンコツ人間)

後述のように、アドセンス合格のためには絶対に押さえるべき超重要事項があり、それを忠実に守っているだけです。

補足

【10記事で一発合格】グーグルアドセンスに1日で合格した方法を全部教えます

↑の記事では、当ブログがアドセンスに合格した当時の状況を詳しく書いています。気になる方は、ぜひお読みください。

それでは、アドセンス審査と文字数の関係について解説していきます。

アドセンス審査で文字数は気にしなくてOK

結論から言えば、アドセンス審査の対策として文字数は一切気にしなくてOKです。

理由は、文字数なんて超どうでもいいからです。気にするだけ無駄。

Googleが求めているのはユーザーが満足するコンテンツであり、文字数が多いコンテンツではありません。本質はもっと単純です。ただ「ユーザーが満足するコンテンツであること」これさえ満たしていれば文字数はどうでもいいです。

極端な話、文字数が500文字程度のコンテンツでも、ユーザーが満足するコンテンツであれば問題ありません。

「じゃあどうすればユーザーを満足させられるの?」という話になりますが、これも単純です。ユーザー目線で記事を書けば良いだけです。

これ、めちゃくちゃ重要なので覚えておいてください。

ユーザー目線の記事の書き方については後述しますが、はっきり言って文字数を気にしている時点でユーザー目線から外れています。

すなわち、「ユーザーのための記事」ではなく「アドセンスの審査に受かるための記事」になっているというわけです。

いくら文字数が多いボリュームのある記事でも、ユーザー目線から外れている時点で合格は遠ざかります。おそらくGoogleは審査の段階で「本当にユーザーの役に立つコンテンツになっているか?」を見ています。というより、私がGoogleならそうします。

確かに、アドセンスに合格したいというお気持ちはよく分かります。この難関さえ突破すれば、ブログ収入を得る追い風になることは間違いありません。しかし、焦りは禁物です。

アドセンス審査のために記事を書くのは否定しませんが、決して「アドセンスに受かるための記事」にならないように注意してください。

繰り返しますが、アドセンスに受かるために必要なのは「ユーザーを満足させる記事」です。そして、これこそがブログで稼ぐための本質です。

一度冷静になって「ユーザーを満足させる記事を書くこと」。これを意識しましょう。

アドセンスに合格するための文字数に目安はあるのか?

結論から言えば文字数の目安などありません。先述のように、アドセンス審査では文字数なんてどうでもいいからです。

単に、

  1. キーワードを選び、
  2. そのキーワードの検索意図を考え、
  3. その答えを提示する

これが出来ていれば、それなりの文字数の記事になります。

補足

キーワードの選び方が分からない!という方は、実際にブログで稼いでいる私が実践しているキーワード選定の方法を真似してみてください。

以下の記事で全て解説しています。

【禁断】SEOキーワードの選定方法を全て暴露。実際に稼いでいる人のキーワード選び

文字数を気にして記事を書くのではなく上記の3つを意識して記事を書けば、ユーザー目線で、なおかつ文字数が多い記事が出来上がるというわけです。

あえて目安となる文字数を挙げるなら、最低でも500~1000あればOKだと思います。

もちろん記事のテーマによっては多少前後すると思いますが、一般論として500~1000文字程度であれば、1記事あたりの文字数として少ないということは無いでしょう。

それでも文字数を稼げない場合の対処法

「ユーザー目線を意識して記事を書いているのに、なかなか文字数が稼げない!」という場合には、以下の対処法を試してみてください。

  1. 読者の視点で記事を読み返してみる
  2. ターゲットをより絞ってみる

まずは、読者の視点で記事を読み返してみましょう。

そうすると、

「あ、ここはもう少し詳しい説明を入れた方が良いな」「ここは用語の解説をしておいた方が伝わりやすいな」など、文章をつけ足しやすくなります。

無理やり文字数を増やすのは好ましくありませんが、それによって記事の品質が上がるのであれば御の字です。

次に文字数を稼ぐ手段として、ターゲットをより絞るというものがあります。

ブログの記事を書くときは、ターゲットを設定するのが基本中の基本です。もしターゲットを設定していないという方は、『ブログのペルソナの作り方を初心者に向けて簡単解説』を読んでターゲットを設定しましょう。

そして、そのターゲット一人に向けて改めて記事を書いてみてください。

悩む男性悩む男性

ターゲットを一人に絞ると、逆に記事が書けなくなるのでは?

と思うかもしれませんが、まったくの逆です。

むしろたった一人に記事を書くことで、より「何を書けばいいか」が明確になり文字数を稼ぎやすくなります。

例えるなら、夏休みの自由研究のようなものです。

「なんでもいいので研究してきてください」と言われても具体的に何をすればいいか分かりませんが、「金魚の飼育について研究してください」と言われれば、「とりあえず、金魚に関する情報を集めてみるか」とやることが明確になります。

記事が書けない理由の一つに、「相手が何を知りたいか分からないから書けない」ということが往々にしてあります。.そしてそれは、「たった一人」ではなく「たくさんの人」に向けて記事を書いているからです。

ですので、アドセンス審査に向けて記事を書くときになかなか文字数が稼げない場合は、ターゲットをより絞ってみることをおすすめします。

結局、文字数より記事の質

再三述べていますが、結局のところ記事の文字数よりも「ユーザー目線で記事を書くこと」が超重要です。

合格率100%の私が一番意識したのは、記事数でも文字数でもなく「ユーザー目線で記事を書くこと」でした。そして、審査を依頼した全てのブログで一発合格しています。

これが分かっていなければ、仮にラッキーパンチでアドセンスの審査に合格しても、ブログで稼ぐことはできません。

アドセンスの審査に受かりたい!と考えている以上、「ブログでちゃんと稼ぎたい!」とも考えているはずです。

それなら、「ユーザー目線で記事を書く」という姿勢は絶対に忘れないでください。

これは、アドセンスに受かるための超重要ポイントですし、ブログで稼ぐための原理原則でもあります。

これさえ徹底すれば、結果はおのずとついてきます。