ブログは毎日更新しなくていいサムネ
悩む男性悩む男性

ブログは毎日更新するべき?

ブログを毎日更新できないけど稼げる?

そもそも本当にブログを毎日更新しないといけないの?

当記事では、このような悩みを解決いたします。

ブログを始めたら「ブログを毎日更新しろ!」とか「まず初心者は100記事書け!」という言葉をよく目にすると思います。何かしらの根拠があってのことでしょうが、実は的外れな理由でこう述べているブロガーがいるのもまた事実です。

ブログ初心者だった頃の私も、同様の悩みを抱えており、そして苦しんでいました。そして、ブログ歴4年を過ぎた今、最終的にこの結論に至りました。

結論:ブログは毎日更新しなくてもいい。5つの理由を解説

結論として、ブログは毎日更新する必要はありません。理由としては、以下の5つがあります。

  1. 本質を見失うから
  2. 挫折しやすいから
  3. 役に立たない記事が増えるから
  4. Googleの使命に反する可能性大だから
  5. ユーザーファーストで記事を書く方が100倍マシだから

断言しますが、ブログを毎日更新しなくても普通に稼げます。それを証明しているのが私です。

それでは、一つずつ解説していきます。

本質を見失うから

まず、ブログを毎日更新しよう!と思っていると、本質を見失う可能性大です。というより、「ブログを毎日更新しよう!」と思っている時点で本質を見失っています。

正直に答えていただきたいのですが、あなたがブログを始めた理由は何でしょうか?

当然、お金を稼ぎたいからではないですか?

ブログは、ただ毎日更新していれば稼げるほど甘くありません。ブログで稼ぎたいなら、まずは「ユーザーのニーズをとらえた記事」をしっかり書き、それを積み重ねることが極めて重要です。

ブログを毎日更新することは、二の次の次の次。優先度的にはかなり低いと思ってください。

ブログから発生するお金とは「ユーザーの悩みを解決すること」で、その対価としてはじめてついてきます。決して「ブログを毎日更新したから」ではありません。

ブログを稼ぐための本質は、結局のところユーザーファーストです。これが最優先です。

「ブログで稼ぐために、毎日更新しよう!」←これはユーザーファーストでもなんでもありません。ただの自分本位です。本質を見失ってしまっては、稼げるものも稼げません。毎日更新すれば稼げるほど、ブログアフィリエイトは甘くないのです。

「ブログを毎日更新しないと!」と焦っているあなたは、まずブログを毎日更新するという義務感は捨て去りましょう。もう一度問いますが、あなたがブログを始めた理由は何ですか?ブログを毎日更新することが目的になっていませんか?

挫折しやすいから

ブログを毎日更新しようとすると、高い確率で挫折します。特に、あなたのように副業でブログを始める場合はなおさらです。

理由は簡単です。副業でブログを行うとなると、1日にまとまった時間がほとんどとれないからです。

本業に使う時間を考慮すると、平日だと1日に使える時間はせいぜい2~3時間程度でしょう。

その限られた時間で、

  1. キーワード選定
  2. 競合調査
  3. ニーズの調査
  4. 記事構成を練る
  5. 記事執筆&更新

という一連の流れを行えるとは到底思えません。ブログ初心者のうちからこれが出来るなら、ただユーザーの役に立たない記事を書いているか、ブログを書く才能があるかの二つです。

私を含む多くの人が凡人なのですから、上記の流れを2~3時間で行うのは到底無理です。無理しようとして、結局挫折してしまいます。

仮にブログを毎日更新できたとしても、結局Googleからの評価が低くなるので、ブログにアクセスが集まらずに挫折するでしょう。つまり「ブログを毎日更新しろ!」という言葉を真に受けてしまった時点で、挫折へと足を進めているのです。

よほどの超人でない限り、これを毎日継続するのは無理があります。

ブログを毎日更新しよう!と思うよりも、一日に使える時間をフルに使い、上記の流れを一つ一つ丁寧にこなす方がよっぽど建設的ではないでしょうか。

役に立たない記事が増えるだけだから

ブログ初心者がブログを毎日更新したところで、あなたのブログに役に立たない記事が増えるだけです。

特に、「毎日更新しよう!」と焦って書いた記事が、本当にユーザーを満足させられるとは到底思えません。ユーザーにとって役に立たない記事が増えるということは、あなたのブログにゴミが増えることと全く同じです。

もちろん、ユーザーを満足させられる記事であれば、毎日更新した方がいいと思います。

ただし、「ブログを毎日更新しよう!」という使命感で書いても、ユーザーを満足させることは恐らく難しいでしょう。くどいですが、なぜなら自分本位になっているから。

自分の目的を達成するばかりで、ユーザーのことを考えていない筆者の記事を、ユーザーが本当に読みたくなるでしょうか?なると思うなら、あなたはブログを毎日更新するべきです。

Googleの使命に反する可能性があるから

ブログを毎日更新しようとすると、高い確率でGoogleの使命に反する可能性があります。

Google はいつでも、有益で関連性の高い情報をユーザーに提供することを目指しています。

 引用元:Googleの使命「緻密に精査する」

このように、Googleは有益で関連性の高い情報を、ユーザーに提供することを目的としているわけです。「ブログを毎日更新するためだけに記事」を書いても、有益な情報を発信できるとは到底思えません。

Googleのアルゴリズムは、日々進化しています。それこそ、人に近い感覚で記事の内容を理解できるほどです。

それに伴い、小手先ばかりのSEOテクニックはもはや通用しなくなっており、今ではコンテンツに力を入れるコンテンツSEOが求められています。

よく「ブログ初心者はブログを毎日更新した方がいい!」と言われていますが、果たしてこのような状況でグーグルに評価されるような記事が書けるでしょうか。

たしかに、「ブログを毎日更新した方が、ユーザーのニーズをとらえる記事が書けるようになる!」という主張もあります。しかしそれなら、ブログを毎日更新するのではなく、初めからユーザーファーストの記事を書く練習をした方がよくないですか?

ただブログを毎日更新するよりも、Googleの使命をきちんと理解したうえで、正しい手順でブログを書く方が建設的ではないでしょうか。

ユーザーファーストで記事を書く練習をした方が100倍マシだから

先ほどから何度も言っていますが、ブログを毎日更新するよりもユーザーファーストで記事を書く方がいいです。その方が100倍マシです。

なぜなら、初めからユーザーファーストを意識しながらブログを書いていけば、ブログを始めたばかりの頃からユーザーファーストの記事が書けるからです。

当然、最初の頃はユーザーファーストを意識しても、なかなかユーザーを満足させられるコンテンツはできないかもしれません。

しかし「ブログを毎日更新しよう!」と考えて記事を書くよりも100倍マシです。自分本位の記事を10本書くよりも、ユーザーのことをきちんと考えて書いた1本の方が、私は価値があると思っています。

補足

仮に上位表示できなかったら、リライトしてニーズを捉えた記事にブラッシュアップすればいいだけです。

先ほど、Googleのアルゴリズムの話をしましたが、Googleはアルゴリズムを進化させると同時に、度重なるアップデートで低品質なコンテンツを排除しています。

Googleの使命を考えると、その動きは今後も続くと考えるのが自然でしょう。

このように、検索アルゴリズムはどんどん進化しているのです。そのような環境で「ブログを毎日更新しよう!」と意気込んで書いた記事が、上位表示できるようになるでしょうか。

ブログは毎日更新することも3つのメリットがある

ブログは毎日更新しなくても良いと考えていますが、ブログを毎日更新することで得られるメリットがあるのも事実です。

具体的には、ブログを毎日更新することによって以下の3つのメリットが得られます。

  1. 文章を書く練習ができる
  2. 文章を書くのに慣れる
  3. SEO評価が高くなる可能性がある

それでは、順番に詳しく解説していきます。

文章を書く練習になる

まず、ブログを毎日更新することにより、文章を書く練習ができます。ブログ1記事あたりの文字数が1,000文字だとすると、毎日1,000文字の文章を書いているわけですね。

そういった意味では、ブログを毎日更新することは多大なメリットがあると思います。ブログは数稽古のようなところがあるので、回数をこなせばこなすほど、文章力は向上し、Webライティングスキルも上がるでしょう。

もちろん、ただ文章を書くだけでなく、文章の構成や結論までの流れ、言葉の言い回しなどを工夫しながら書くことが前提です。

補足
適当に文章を書くくらいなら、書かない方がよっぽどマシです。

もし、ブログを毎日更新したい!と考えているなら「ブログを毎日更新すること」を目的とするのではなく、文章を上手く書くための手段と考えてください。

目的と手段は全く別のものです。

目的と手段さえ間違っていなければ、ブログを毎日更新することで、あなたの文章スキルは格段にアップするでしょう。逆に、目的と手段が逆になっていれば、自分本位のゴミ記事が出来上がるだけです。

文章を書くのに慣れることができる

ブログを毎日更新すれば、文章を書くのに慣れることができます。これは、文章を書くのが得意な人・苦手な人問わず言えることです。

いくら文章を書くのが得意でも、すぐにはブログの文章は書けるようにはなりません。なぜなら、ブログの文章には型があり、一般的な書籍と異なるからです。

そのブログの文章の型を中実に再現し、ブログを毎日更新すれば、ブログの文章に慣れることができるでしょう。

これを繰り返すことで、徐々に質が高い記事が書けるようになり、いずれはユーザーを満足させられる記事が書けるようになるという理屈です。

しかしながら、文章を書くのに慣れるだけなら、何もブログを毎日更新する必要はありません。ブログを毎日更新するのではなく、ブログを書けば済む話だからです。

500文字だって100文字だっていいのです。たった少量の文章を書くだけでも、ブログの文章に慣れることはできます。別にブログを毎日更新する必要はありません。毎日文章を書く時間を作ればいいだけの話です。

ここでも重要になるのが、目的と手段です。

「ブログの文章に慣れること」を目的として「ブログを毎日更新すること」は手段のひとつだととらえましょう。

SEOの評価が上がる(?)

ブログを毎日更新することでSEOの評価が上がるといわれていますが、私としては眉唾物です。というよりあり得ない思っています。

理由は、Googleの検索エンジンはそこまでアホではないからです。

先述のように、GoogleのAIは人に近い感覚で記事の内容を理解していますが、そのアルゴリズムが「このブログは毎日更新している!上位表示してあげよう!」と考えると思いますか?

確かに、ブログを毎日更新していれば、それを評価したくなるかもしれません。しかし、「はい!記事が出来ました!更新します!」と低品質の記事を更新し続けているブログがあったら、あなたがGoogleならどう判断しますか?

ブログを毎日更新しているからSEO評価が上がるわけではありません。「質の高いブログ記事」を毎日更新しているから、SEO評価が上がるのです。

それを証明するのが、Googleのスパム対策チームのリーダーである、Matt Cutts氏の発言です。

検索エンジンは質が重要
Matt Cutts氏の話では、検索エンジンの事を考えるとコンテンツの品質の方が頻度よりも断然重要なようです。
彼自身のケースでは毎日は更新しないようで、たまにサボって1週間以上空いてしまう事もあるようです。
ただ、投稿する際には、何か役立つ情報を載せる事を考えてコンテンツを書いているようです。

引用元:アレグロのSEOブログ 検索順位アップ!Googleの検索順位を上げる秘訣はコンテンツの質

このように、Googleの人物が「更新頻度よりもコンテンツの品質の方が重要」明言しているのですから、それに則ってブログの記事を書く方がよほど建設的です。

我々ブログ運営者のSEOは、所詮すべて推測に過ぎません。Googleの検索アルゴリズムの仕組みは、内部の人間しか知らないブラックボックスになっているからです。

ここで質問です。

  • 自分自身の経験だけで「ブログを毎日更新しろ」というブロガーの言葉
  • 検索アルゴリズムのスパム対策チームに携わる人物の「更新頻度よりコンテンツの品質」という言葉

あなたはどちらを信じますか?私は断然後者です。

当然、コンテンツの品質を担保出来るなら、ブログを毎日更新しても全く問題ありません。むしろするべきです。その方が、検索ユーザーは確実に満足し、SEO評価が上がります。

ただし、それはブログを毎日更新したからではなく、高品質なコンテンツを毎日更新したからです。これだけは忘れないでください。

ブログを毎日更新するための心構え・コツ

今でこそ「ブログは毎日更新しなくていい」と考えている私ですが、3年前はブログを毎日更新していました。

その時は、自分なりに色々と工夫してブログを書く時間を作っていました。そこで、私が実践していた、ブログを毎日更新するための心構え・コツについて解説します。

ブログを毎日更新するための心構えは?

ブログを毎日更新するための心構えは、ブログ以外のことに一切時間は使わないと誓うことです。

補足

もちろん、食事や睡眠など日常生活に必須な時間は確保したうえでです。

本業で仕事をこなしながら副業でブログをやると、ブログを書く時間がないように思われます。しかし、時間がないというのはただの幻想です。

多くの場合、時間がないというのは時間の使い方が下手なだけです。

なので、時間を上手く使えるようにするためにも、「ブログ以外に時間は使わない!」ことを心構えとしましょう。

最初はめちゃくちゃつらいです。自分の趣味の時間が無くなりブログ一本になるわけですから、当然、慣れるまで時間がかかります。

しかし、ブログを書くのが当たり前になると、ブログを毎日更新するのはそこまで辛くなくなります(それでもちょっと辛いです)。

どうしても難しい場合は「趣味の時間は1日10分」と決め、それ以外の時間はブログに注ぐ、というやり方がおすすめです。

いずれにしても重要なのは、「ブログのために自分の時間を使う!」と心に誓うことです。

ブログを毎日更新するコツ。時間の作り方は?

次に、ブログを毎日更新するコツについてご紹介します。ブログを毎日更新するコツは要するに時間の使い方なので、時間の作り方のコツを紹介します。

  1. 隙間時間の活用
  2. if then ルーの活用
  3. 1日5分だけ早く起きる

    それでは、一つずつ詳しく解説していきます。

    隙間時間の活用

    ブログを毎日更新する一番のコツは、隙間時間の活用です。通勤電車だったり、会社の休憩時間だったり、家事の合間だったり、あなたが思っている以上に隙間時間が多いはずです。

    私の場合は、仕事の休憩時間や車通勤の信号待ちの時に、ブログのことを考えていました。思いつく限りのSEOキーワードを書いてみたり、記事のネタになりそうなことをメモしたり、ブログの文章を書いたりしていました。

    使用したのは、紙のメモ帳とスマホのメモ帳です。両方持っていれば、スマホが使えない場面でも紙のメモ帳に書くことができます。

    隙間時間のいいところは、「制限時間があるところ」です。人間は制限時間が設定されていると心理的に焦りが生じ、集中力が上がるようになっています。

    補足

    心理学の世界では「締め切り効果」と呼ばれています。

    ブログを毎日更新するためには、この隙間時間をいかに使うか?が極めて重要です。

    そのためには、隙間時間には「あらかじめ何をしておくか?」を決めておくことをおすすめします。例えば、私の場合は、その日の朝に、今日一日の隙間時間を何に使うか?を決めていました。

    ブログを書きたいときは、隙間時間にブログを書く。SEOキーワードが欲しい時は、ペルソナが発想しそうなキーワードを考えてみる、などです。

    このように何をするか決定しておけば、いざ隙間時間に入った時に「今日は何をするか?」と考える必要がなくなります。つまり、作業の時間を増やせるということです。

    隙間時間が始まったら、後は制限時間に向けてすぐに集中です。これだけで、意外とブログの記事が書けるようになりますよ。毎日更新は難しいと思いますが。

    if then ルールを使う

    ブログを毎日更新する第二のコツは、if then ルールの活用です。

    if then ルールとは?

    〇〇だったら(IF)~〇〇をする(then)という自分ルール。例:食事を終えたら歯を磨く お風呂から上がったらストレッチをする など

    if then ルールとは実行意図とも呼ばれており、心理学者のピーター・ゴルヴィツァーの研究により、その有用性が証明されたテクニックのことです。

    私が実際に行っていたif then ルールは以下の通りです。

    if then ルールの例
    • パソコンを開いたら → まずワードプレスの投稿画面を開く
    • スマホゲームを開きたくなったら → まずKindleを開いて5ページ以上読む
    • お風呂から上がったら → 100文字以上ブログの文章を書く
    • ベッドに入ったら → 必ず紙の本を5ページ以上読む
    • 飲み会に誘われたら → 秒で断る

    パソコン・スマホを開いたらネットサーフィンやスマホゲーム、SNSなど色々な誘惑があるので、まずはそれを阻止するためにWord Pressやkindleの画面を開くようにしていました。

    こうすることで、自分のやるべきことを思い出せて冷静になりますし、作業を進められるからです。

    場合によっては、ゲームをすることすら忘れ、作業に没頭してしまうこともあります。

    たとえるなら、「ちょっと掃除するか」と思って掃除を始めたら、いつの間にか部屋中がピカピカになっていたという感じです。

    そして、上記のif then ルールの中でも割と重要だなと思ったのが、「飲み会に誘われたら → 秒で断る」というものです。あらかじめこのように決めておけば、いざ誘われた時も「仕事があるので」とすぐに断ることができます。

    飲み会ってめちゃくちゃ時間を奪われます。移動時間もそうですし、飲み会自体の時間も長いので、ブログを毎日更新したいならキッパリと断ってしまいましょう。

    「実行意図」と呼ばれるif then ルールですが、このように無駄な時間を減らすことにも活用できます。

    朝5分早く起きる

    私は1時間早く起きるようにしていましたが、まずは5分早く起きることから始めてみてください。なぜなら、いきなり1時間早く起きようとしても、しんどすぎて挫折するだけだからです。

    正直、朝の5分だけでも十分に時間は活用できます。

    朝は頭がすっきりしているので、SEOキーワードが複数個思い浮かぶこともありますし、ブログに書く文章がスラスラ出てくることもあります。

    ですので、まずは1日5分でOKです。そこから徐々に起床時間を早くしていき、最終的には1時間を目指しましょう。

    1時間も作業時間を確保できれば、隙間時間とif then ルールで作った時間も含めて、2~3時間以上はブログを書く時間を確保できます。

    ちなみにですが、アフィリエイト協会の調査によると、アフィリエイトを行っている人のおよそ6割の方が、2時間以下でブログ・サイト運営を行っているそうです。

     

    アフィリエイト協会の市場調査結果画面

    引用元:アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2019年

    つまり、少し工夫して時間を作れば、多くのアフィリエイターと同様の作業時間を確保できるというわけです。

    2~3時間だけでブログを毎日更新するのは難しいですが、これだけの作業時間があれば、十分に作業を進められます。

    ブログを毎日更新するより、まずは「1日5分」を目標にしよう

    ブログを毎日更新するよりも、1日5分を目標にして、ブログに関連する作業に取り組むことをおすすめします。

    1日5分という限られた時間の中から、

    • SEOキーワードを選ぶ
    • 記事を書く(毎日更新はしなくていい)
    • 本・レポート・情報商材を読む
    • ネットで情報収集する

    のどれか(できれば手を動かす作業)に取り組めばOKです。なぜ5分だけなのかというと、人間は、作業を始めるときに一番エネルギーを使うからです。

    たとえるなら、自転車のペダルのようなものです。漕ぎ始めはすごくペダルが重いですが、動き出すとスイスイと進むようになります。

    ブログの作業も、これと全く同じです。

    ブログの記事を書こうとするだけでもエネルギーを使います。あれこれ考えるよりも、「5分だけなら…」と理由をつけて、さっさと取り掛かった方がいいです。

    たった5分ですよ?これなら、どんなに本業が忙しくてもできそうではないですか?少なくとも、ブログを毎日更新するよりも確実にハードルは低いはずです。

    やってみると分かりますが、5分やるだけのつもりだったのに、気づいたら30分、1時間経っていることもザラにあります。もちろん、人間ですから気乗りしないときは全然やる気が出ません。

    どうしても気乗りしないのなら、5分経ったらやめてしまえばいいのです。「今日も5分できた」と胸を張ったっていいのです。1日5分という目標は達成できているのですから。

    ただし、その5分間は他のことを一切忘れてブログの作業に集中してください。なあなあで5分済ませても全く無意味なので、他のことは一切考えず、ただひたすら目の前の作業に集中です。

    分かる人にはわかりますが、実はこれ、脳科学的に正しい習慣化の方法です。

    脳はあまりにも変化が大きすぎる新しい習慣を嫌う傾向がありますが、小さな習慣であれば拒否反応を起こしません。

    例えば、毎日ブログを更新しよう!よりも、毎日ブログの文章を100文字書こうという方が、習慣化しやすいというわけです。

    1日5分のブログ作業を続けていれば、それをしないと気持ちが落ち着かない感覚になります。食後に歯を磨かないと落ち着かない感覚に似ています。

    そうなれば、1日5分を1日10分に増やして、これを繰り返して最終的には1時間まで増やせます。人によっては、もっと伸ばせるでしょう。

    これこそ、ブログを毎日更新するよりもハードルが低く、なおかつブログを習慣化する方法というわけです。私のような三日坊主の人間でも出来たのですから、真面目なあなたにもきっと出来るはずです。

    特に、「ブログを毎日更新しなければ!」と苦しんでいるあなたにおすすめです。ユーザーファーストという本質さえ見誤らなければ、別にブログを毎日更新しなくてもちゃんと稼げます。

    まとめ

    ブログは毎日更新しない派の私ですが、あなたが毎日更新した方がいいと思うなら、全然それでいいと思います。

    ただし、記事中でもふれていますが、目的と手段を見誤ってはいけません。ブログを毎日更新することを目的にしていては、あなたは確実に挫折します。

    ブログを毎日更新することは、あくまで手段の一つです。目的ではありません。これをよく覚えておきましょう。