一般人がブログを書く理由のサムネイル
悩む男性悩む男性

一般人なのになんでブログを書いているの?目的は何?そんなことして何の意味があるの?

あなたはこのように疑問に思っていないでしょうか?

確かに、ブログと聞くと芸能人やスポーツ選手などが書いているイメージがあるかもしれません。しかし、それは昔の話。はっきり言って「一般人がブログなんて…」という考えは古いです。

ブログは今や、むしろ一般人のためにあるのではないか?と思うほど一般人に有益な効果をもたらしています。ここでは、ブログで稼いでいる一般人である私が「一般人がブログを書く3つの理由」について解説します。

一般人がブログを書く理由1.お金を稼ぐため

恐らく一番の理由と言っても過言ではないのが「お金を稼ぐため」です。私も当ブログを含む複数のブログを運営しており、毎月安定してブログ収入を得ています。

そもそもなぜブログでお金を稼げるの?と疑問に思う方は、以下の記事を参考にしてください。

ブログを運営している多くの方は、ブログを収益化(マネタイズ)しています。中には、月に数百万円稼ぐ驚きのブロガーもいらっしゃいます。

ひよっこの私はまだそこに至っていませんが、このように大きく稼げる可能性を秘めているのがブログなのです。もちろん、ブログで実際に稼いでいる私も、ただの一般人です。

空前の副業ブームの今、「ブログで稼ぎたい!」と一念発起してブログを始める方は少なくありません。今では全くHTMLの知識がない素人でもキレイなブログを作れますし、ブログ運営に関する情報もインターネットで簡単に収集することができます。

例えば、以下の記事で解説している「ブログの開設方法」を見れば、中学生でも当ブログと同じようなブログを作成できます。

今はもはや、一般人がブログで稼ぎやすい時代です。こうした背景も、一般人ブロガーが増えた要因のひとつといえます。

たくPたくP

今この記事を読んでいるあなたも、ブログを始めれば稼げるかもしれません

一般人がブログを書く理由2.新しい繋がりを得るため

第二に挙げられるのが、新しいつながりを得るためです。

ブログは情報発信の媒体である一方、他のブロガーとつながれるという一面もあります。

同じ趣味を持つブロガーと交流を深めることがあれば、まったく異なるジャンルのブロガーと情報交換することもあります。正直、私はそういうつながりが煩わしいのですが、ブログを始める一般人の中には、こうしたつながりを求める方もいらっしゃいます。

インターネット上でのつながりだけでなく、オフ会を開催しているブロガーもいるようです。

インターネットを通じて同じ趣味を持つ仲間と出会いたい!そんな理由からブログを始める一般人がいても、何ら不思議ではありません。

一般人がブログを書く理由3.知識・スキルを身につけるため

知識やスキルを身につけるためには、インプットだけでなくアウトプットも行う必要があります。ブログは非常に優れた情報発信媒体であるため、ブログをアウトプットの場に活用する一般人も少なくありません。

例えば、お金を増やすためにお金の勉強をして、自分が学んだ知識をブログでアウトプットするという感じです。

自分が得た知識を自分の言葉でアウトプットすることによって、学んだ内容を効率よく覚えられます。加えて、ブログを収益化(マネタイズ)しておけば、お金を稼ぐこともできます。

知識をつけられるばかりでなく、上手くやればお金も稼げるというわけです。まさに一石二鳥の情報発信媒体がブログというわけです。

また、知識だけでなく、スキルを身につけられるのもブログならではです。

たとえば、ブログを書くためには

  • 文章力
  • 情報伝達力
  • HTML・CSS
  • マーケティング
  • SEO
  • Webライティング
  • コピーライティング

など、あらゆるスキルが必要となります。これらのスキルは一朝一夕で身につくものではありませんが、ブログ運営を通して身につけることができます。

ブログを始める全ての一般人がこうしたスキルを求めているわけではありませんが、ブログを運営していれば、おのずとこれらのスキルが身につきます。

逆に言えば、これらのスキルを身につけたいと考えているなら、今すぐにブログを始めるべきです。知識・スキルが身につきますし、何よりブログでお金が稼げるようになります。今は企業に頼るのではなく「自分の力で稼ぐ時代」ですからね。

もはや、一般人がブログをやらない理由なんてありません。私は常々「なんでみんなブログをやらないんだろう?」と思っているほどです。

そもそも一般人が書いたブログなんて読まれるの?

断言しますが、一般人が書いたブログは確実に読まれます。特に需要がある情報であれば、なおさら読まれることでしょう。

そもそも、一般人の意見ほど貴重なものはないと言っても過言ではありません。身近な例でいえば、飲食店のテーブルアンケートです。あなたも一度は目にしたことがあると思います。

多くの飲食店がこぞってアンケートを設置しているのは、お客様、すなわち一般人の生の声が知りたいからです。

ネット上の口コミにしてもそうです。「商品名+口コミ」で検索すれば、実際に商品を使用した一般人の生の体験談が手に入ります。ちなみに「NTTコム リサーチ」さんの調査によると、気になる商品を選ぶとき口コミの影響を受ける人は8割にも上るそうです。

(2) 選定時にクチコミの影響を受ける人は8割。クチコミが購入の決め手になる人は4割。【図4、5】
選定時に「クチコミが気になる」と回答した人は全体の81.6%。

引用:NTTコム リサーチ 「購買行動におけるクチコミの影響」に関する調査

口コミとはすなわち、実際に商品を使用した人の「生の声」です。企業への忖度一切なしの忌憚ない意見であるため、口コミを参考にする人がいても何ら不思議ではありません。

よくブログで書籍や家電製品をレビューしている記事を見かけますが、あれも「一般人である自分の生の声」を情報として発信しているのです。本質は、Amazonのレビューと全く同じです。

そもそも、あなたが今読んでいるこの記事も、一般人である私が執筆している記事です。「ただの一般人が書いたブログ」がしっかりと読まれていることは、あなた自身がすでに証明しています。

終わりに

以上、一般人がブログを書いている3つの理由について解説しました。

全ての一般人ブロガーがこれらに当てはまるとは言いませんが、ほとんどの人が当てはまるでしょう。特に「お金を稼ぐため」というのは、ほぼ全ての一般人に当てはまると思います。

新型コロナウィルスの影響で在宅ワークを余儀なくされている今、これからも一般人ブロガーは増えていくことでしょう。