検索順位決定の仕組みのサムネイル
悩む男性悩む男性

Googleの検索順位ってどうやって決めているの?

Googleの検索順位が決定するまでの仕組みを、図解で学びたい

そもそもどうやってブログを上位表示させたらいいの?

あなたは、このようにお考えではないでしょうか。

Googleの検索順位決定の仕組みを知ることはSEOの第一歩ともいえるので、ブログを運営するならしっかりと理解しておきたいところです。

SEOとは?

SEOとは「SEO対策」とも呼ばれ、自分のサイトを上位表示させる取り組みのことです。

あなたのブログにきちんとアクセスを集めるためにも、Google検索順位が決定する仕組みは押さえておきましょう。

この記事を読めば、以下のことが分かります。
  • Google検索エンジンの仕組みが分かります
  • 新規サイトがGoogleにどのように評価されているかが分かります
  • 上位表示に超重要な2つの要素が分かります

    私は以前SEO会社に勤めていた経験があり、さらに自身のブログ運営を通し、SEOについて深く学びました。

    その経験を踏まえたうえで、Google検索順位決定の仕組みについて、図を用いながら分かりやすく解説していきます。



    Google検索順位決定の仕組み。3つのSTEPに分けてご紹介

    Google検索順位の仕組みは複雑に思われがちですが、ひも解いてみると非常にシンプルで、3つのSTEPしかありません。以下の図をご覧ください。

    Google検索順位の決定までを図解1

    Googleの検索エンジンの3つのSTEP
    1. クロール
    2. インデックス
    3. アルゴリズムによるランク付け

    では、それぞれのステップを詳しく解説していきます。

    Googleの検索順位決定の仕組み1.クロール

    クロールとは、検索エンジンのロボットである「クローラー」が、あなたのブログに訪れることです。

    Googleのクローラーがブログを訪れている図

    クローラーがあなたのブログに訪れる理由は、あなたのブログの情報を持って帰るためです。

    Googleは、クローラーが持って帰った情報を元に、

    • このブログは何の情報を発信しているブログなのか?
    • この記事は、何の情報について書かれているのか?

    を把握しています。

    つまり、Googleの検索エンジンがあなたのブログの内容を認識しているのは、このクローラーがあなたのブログの情報を集め、持って帰っているからというわけなのです。

    逆に言えば、クローラーがあなたのブログに訪れない限り、Googleはあなたのブログを認識できません。

    よって、Googleにあなたのブログを認識してもらうためには、まずはあなたのブログにクローラーを呼ばなければならないのです。

    クローラーは、Webページ上のリンクをたどって、あなたのブログにやってきます。Webページのリンクが、クローラーの入り口になっているというわけですね。

    なので、ブログを開設したばかりの頃は、XMLサイトマップを作ってクローラーの入り口を作りましょう。サイトマップを送信すれば、入り口を作るとともに、クローラーもやってきてくれます。

    なお、一度クローラーが訪れただけでは、Googleはあなたのブログの内容を正確に把握できていません。

    というのも、クローラーは、断片的な情報を拾うことしかできないからです。つまり、Googleに正確にページ情報を伝えるためには、あなたのブログへ頻繁にクローラーを巡回させる必要があるのです。

    Google検索順位決定の仕組み2.インデックス

    インデックスとは、クローラーによって集められた情報がGoogleのデータベースに記録・保存されることです。

    ブログ記事がインデックスされている図

    あなたの記事にクローラーが訪れ、データベースに保存されることを「記事がインデックスされる」と言います。

    詳しくはSTEP3で解説しますが、Googleはデータベースにある超大量のページの中からユーザーのSEOキーワードに対し、関連するページを表示させています。

    データベースから検索結果が表示されている画像

    よって、あなたの記事がインデックスされない限り、検索結果には表示されることはありません。

    ページをインデックスしてもらう方法としては、サイトマップの送信クローラーを呼んでブログに来てもらう方法があります。

    Google検索順位決定の仕組み3.アルゴリズムによるランク付け

    検索アルゴリズムと検索順位の結果を表示している図

    ユーザーが検索をかけると、Googleは「このユーザーの検索キーワードに対して、どのサイトを表示させるべきか?」を瞬時に判断しています。

    これを、検索アルゴリズムによるランク付けと言います。検索アルゴリズムとは、検索されたキーワードに対し、関連したページを表示させるためのプログラムのことです。

    Googleは、200以上にもわたるランキング決定の要素を用いて、検索キーワードに関連するページを瞬時にランク付けし、ユーザーに表示しています。

    検索結果が1位、2位と出てくるのは、この検索アルゴリズムによるランク付けによって行われているというわけですね。

    ちなみに、「どのページをどのような基準で判断しているのか?」については、Googleは一切公表していません。完全なブラックボックスになっているのが、検索アルゴリズムなのです。

    SEOの専門家が仮説と検証を繰り返し、手探りの状態でアルゴリズムの中身を探っているほどです。

    以上が、Googleが検索順位を決定させるまでの仕組みです。では、仕組みを理解したうえで、もう一度全体の仕組みを見てみましょう。

    Google検索順位の決定までを図解1

    Google検索エンジンの仕組みと聞くと難しいイメージがあったかもしれませんが、とてもシンプルなのがお分かりいただけたと思います。

    では次に、新規サイトのGoogle検索順位について解説していきます。

    新規サイトのGoogle検索順位はどうなる?

    新規サイトのGoogle検索順位はどうなの?という疑問にお答えしますと、結論から言えば全く評価されません。つまり、新規で立ち上げたブログは、検索順位の上位はほぼ取れないということです。

    補足

    ライバルが超弱いキーワードの場合、新規サイトでも上位表示は可能です。

    理由としては、以下が挙げられます。

    1. ドメインパワーが弱いから
    2. コンテンツが少ないから
    3. クローラーがあまり来ないから
    4. 若いドメインは評価が難しいから

    では、一つずつ簡単に解説していきます。

    新規サイトが評価されない理由1.ドメインパワーが弱い

    まず、新規サイトはドメインパワーが弱いという特徴があります。特に「ワードプレスブログの始め方。初心者でも簡単にできます」の方法で開設したワードプレスブログは、立ち上げたばかりなので尚更ドメインパワーが弱いです。

    ドメインパワーとは?

    ドメインパワーとは、その名の通りドメインの強さのことです。運営年数や記事数、ブログの情報量など様々な要素からなります。

    ドメインパワーが強いサイトは検索順位も上位になりやすいのですが、ドメインパワーが弱いと、いくらコンテンツがよくても検索上位にはなりづらいです。

    ドメインパワーの図解画像

    SEO業界では、「そもそも若すぎるドメインは検索アルゴリズムの段階で弾かれているのではないか?」というのが常識となっています。もちろん、検索アルゴリズムの中身は誰も知らないわけですから、確証を持って言えません。

    しかし、Googleはユーザーのニーズにきちんと答えられるコンテンツを上位表示しようとします。

    このことから、情報量が豊富で運営歴が長い、つまりドメインパワーが強いサイトを上位表示させても何らおかしくありません。むしろ自然な形と言えます。

    新規サイトが評価されない理由2.コンテンツが少ない

    コンテンツが少ないというのも、新規サイトが上位表示しづらい理由の一つです。コンテンツが少なければ、当然ながらサイトとしてのパワーが弱いということになります。

    加えて、SEOで重要になる「内部リンクが少ない」という事実にも繋がります。

    内部リンクとは?

    自分のブログ内でリンクを飛ばしあうこと。例として、「関連ページはこちら→」などの決まり文句で、ユーザーにほかのページを紹介するときなどに使用する。

    クローラーはブログ内をクロールするとき、内部リンクを辿って色々な記事の情報を集めます。

    クローラーが内部リンクを辿る画像

    コンテンツが少なく内部リンクが充実していないと、クローラーが上手くブログ内を巡回できずに、あなたのブログを正確に評価できないというわけです。

    また、ブログの構造を3階層にして、クローラーがカテゴリーや記事ページを行き来しやすくするのも、内部リンクに関するSEOの一つです。

    ブログの階層構造イメージ図

    このように、クローラーの回遊率を高める取り組みを「クローラビリティを高める」と表現します。

    コンテンツが少ない新規サイトは、情報量が少なく、クローラビリティも十分ではない。その結果として、検索順位の上位表示が難しいというわけです。

    新規サイトが評価されない理由3.クローラーがあまり来ない

    新規サイトは、クローラーがあまり来てくれないという特徴があります。

    クローラーが頻繁に訪れないということは、Google側があなたのブログの内容を正確に把握できていないということです。いくら質の高い記事を書いても、正確に内容を把握できていないので、評価が低くなってしまうというわけですね。

    新規サイトにクローラーがあまり訪れないのは、珍しいことではないので安心してください。多くの方が通る道です。

    クローラーは、定期的に更新されているブログや、運用歴が長いサイト・ブログに頻繁に訪れる傾向があります。

    きちんとブログを書いていれば、次第にクローラーが訪れるようになります。ですので、クローラーが来なかったり、思うように検索順位が上がらなくても安心してください。

    いずれはクローラーが訪れるようになり、きちんとブログを評価してくれます。

    新規サイトが評価されない理由4.若いドメインは評価が難しい

    新規ドメインを取得したサイトは、ドメインが若すぎるためGoogleも評価しようがありません。評価のしようがないため、検索順位も上位を取るのが難しくなります。

    新規サイトとGoogleの評価の図解

    例えるなら、新しく入社した新入社員を評価できないようなものです。まだ一緒に仕事をしていないわけですから、そもそもどんな人なのか分からないですし、どんな仕事をするか分からないし、評価のしようがないですよね。

    これは、Googleも全く同じです。新しく取得したドメインのサイトは、そもそもどのようにサイトを運営するのか分かりません。

    仮に得体のしれないサイトだった場合、そのサイトを上位表示させてユーザーに不便をかけてしまっては、Googleの面目も丸潰れでしょう。

    こうした理由から、若すぎるドメインは上位表示が難しくなっています。

    新規サイトの検索順位が安定するまで、どれくらい時間がかかる?

    新規サイトの検索順位が安定する時間は、大体3か月~1年とされています。とても長いですよね。

    新規サイトの検索順位評価の図解

    これだけ時間がかかる理由は、先述のように「検索エンジンがページを正しく評価するのは時間がかかるから」です。

    私はこれまでに複数のブログを運営してきましたが、大体3か月を過ぎたくらいからアクセスが伸びてきます。ですので、目安として3か月というのは、割と信ぴょう性が高い話だと思います。

    ですので、仮にブログを立ち上げて3か月間全くアクセスがなかったとしても、気にする必要はありません。

    たくPたくP

    多くのアフィリエイターはこの3か月の間で挫折します。もったいない…

    そもそもGoogleはあなたのブログを正しく評価出来ていないだけなので、3か月を過ぎた後に一気にアクセスが伸びる可能性があります。

    仮に伸びなかったとしても、自分のブログの正確な評価が分かるわけですから、その時点からブログを軌道修正すればいいだけの話です。

    少々話が脱線しましたが、新規サイトが正しく評価されるのは、それほど時間がかかります。その時まで気長に待つ…のではなく、その時が来るまで、コツコツとコンテンツを積み上げていきましょう。

    この積み上げこそが、あなたのブログのドメインパワーを押し上げますよ。

    Googleの検索順位決定の仕組みをユーザー視点で見てみる

    次に、Googleの検索順位決定の仕組みをユーザー視点で見てみましょう。

    あなたは「ブログで収入を得る方法を知りたい」と思い、「ブログ 収入」というキーワードで検索をかけたとします。すると、以下のようなページが表示されました。

    「ブログ 収入」の検索結果画面

    この検索結果画面こそ、Googleのデータベースにインデックスされたページたちというわけですね。

    Googleは検索窓に打たれた「ブログ 収入」というSEOキーワードから「このユーザーは何を知りたいのか?」を瞬時に判断し、ページを表示させています。

    ユーザーから見たGoogle検索の仕組み図解

    その時間、わずか1秒以下(上記の場合、0.35秒)。

    SEOキーワードで検索する→キーワードから検索者が何を知りたいのか?を判断する

    検索アルゴリズムによりページをランク付けする

    キーワードにマッチしたページを表示させる

    この流れを、瞬時に行っているわけです。すごすぎますよね。

    立場は変わっても、ユーザーの視点で

    検索する側の立場で検索順位の仕組みを見てみましたが、あなたはこれからブログを運営するわけですので「検索する側」から「検索される側」になります。

    しかし、立場は変わっても、常にユーザー(検索する側)の視点は忘れないようにしましょう。なぜなら、ユーザーの視点を忘れてしまった途端、キーワードに関係ないコンテンツを作ってしまうからです。

    例えば、ユーザーが知りたいことではなく、自分が書きたいことを書く、という感じです。ブログ初心者によくありがちな失敗です。

    実際には、ブログにはあなたが書きたいことを書くのではなく、ユーザーが知りたいことを書きます。

    SEOキーワードは、ユーザーのニーズそのものです。なので、SEOキーワードに関係ないコンテンツを作ったところで、それはユーザーのニーズを満たさないコンテンツとなります。

    当然ながら、Googleはそのようなコンテンツは上位表示してくれません。そのようなコンテンツを表示したところで、ユーザーの満足につながらないからです。

    ですので、立場が変わろうが、ブログの運営は常にユーザー視点。これを念頭に置きましょう。

    検索エンジンの仕組みにおけるクローラーは、どんな情報を収集している?

    検索エンジンの仕組みとして、クローラーはあなたのブログの情報を収集していると説明しました。クローラーが実際に収集している情報としては、以下の通りです。

    クローラーはこんな情報を集めています!
    • ブログのドメイン・サブドメインなどのURL情報
    • 記事コンテンツの内容(文章の内容)
    • 記事タイトルの内容
    • h1タグ、h2タグ、コードなどの情報
    • 記事中に使用されている画像 …など。

    よくh1タグやh2タグにはキーワードを含めた方が良いといわれますが、これはクローラーに対して「この記事ではこんなことを書いていますよ!」と伝えるためなんですね。

    また、意外と重要なのが、クローラーに画像の情報を伝える代替テキスト(alt属性)です。

    代替テキスト(alt属性)って何?

    代替テキスト(alt属性)とは、画像の内容について説明しているテキスト文章のことです。

    前提として、クローラーはブログに貼られている画像を見ても、「それが何の画像なのか?」を把握することができません。つまり、代替テキストを設定することで、その画像の内容を教えてあげるということですね。

    クローラーに画像ファイルの内容を伝えておけば、画像検索をしたときに表示されるようになります。

    グーグルの検索順位に表示されない場合、インデックスされていないかも?

    検索しても検索順位に表示されない場合、あなたの記事がインデックスされていない可能性があります。インデックスされたか確認する方法は以下の2つあります。

    • サーチコンソール(通称:サチコ)を使う方法
    • 検索コマンド「site:」を使う方法

    です。それぞれ簡単に解説していきますね。

    インデックスをサーチコンソールで確認する

    まず、サーチコンソールで確認する方法です。以下のリンクから、サーチコンソールへアクセスしてください。

    Google search console(グーグルサーチコンソール)

    サーチコンソールへアクセスしたら、画面上部にある検索窓に、インデックス登録を確認したいURLを入力してください。

    サーチコンソールでインデックスを確かめている画像

    もし、そのURLがインデックスされていたら以下の画面が表示されます。

    サーチコンソールのURL検索結果の表示画面

    逆に、そのURLがインデックスされていなかった場合、以下の画面が表示されます。

    サーチコンソールのURL検査の結果画面2

    その時は、「インデックス登録をリクエスト」をクリックしてください。そうすれば、あなたの記事にクローラーが訪れ、インデックスすることができます。

    インデックスされたか確認する方法「site:」

    次に、「site:」というコマンドを使用した、インデックスを確認する方法です。

    やり方はとても簡単です。Googleの検索窓に「site:記事確認したい記事のURL」と入力するだけです。

    では、実際に入力してみましょう。以下↓は、私の記事を「site:」で入力している画面です。

    検索窓に「site」を入力している画面

    これで検索をかけると、以下の画面が表示されました。

    検索窓に「site」の検索結果画面

    このように、記事が表示されたらインデックス登録されています。逆に記事が表示されていない場合は、インデックス登録されていません。

    インデックス登録されていない場合は、サーチコンソールを使ってインデックス登録を促しましょう。

    Googleの検索順位は毎日変わる?その仕組みは検索アルゴリズムにある

    Googleの検索順位は、実は毎日変わっているということはご存じですか?これは、Googleの検索アルゴリズムが、毎日進化しているからです。

    Googleが掲げる事実(理念)の一つとして、ユーザーの利便性があります。

    Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。

    引用:Google が掲げる 10 の事実

    この理念を堅持するために、Googleは検索アルゴリズムを進化させ、ユーザーの満足度をより高めているというわけですね。

    なお、検索アルゴリズムは毎日進化しているのですが、定期的に行われるのが大規模なアルゴリズムアップデートです。

    よく挙げられるアップデートが、ペンギンアップデートとパンダアップデートの二つです。

    ペンギンアップデートにより、不正に被リンクが貼られているサイトは淘汰され、パンダアップデーにより、質の低いコンテンツは一気に淘汰されました。

    このように、Googleの検索アルゴリズムは日々進化しているので、Googleの理念に沿わないブログ・サイトはどんどん淘汰されていきます。

    ですので、Google検索順位の仕組みを知ったうえで、適切なブログ運営を行っていくことが極めて重要です。

    Google検索の上位を狙うために。重要なのはこの2つ!

    Google検索の上位を狙うなら、「コンテンツの質」と「被リンク」の2つが極めて重要です。

    被リンクとは?

    他サイトから、自分のブログへリンクを貼られること。ただし自作自演リンクはペナルティの対象。

    Googleの検索アルゴリズムには200を超える順位決定の要素がありますが、Googleが重要視しているのがこの2つです。

    これはSEOの専門家の憶測程度の話ではなく、Googleアイルランド上級ストラテジストのアンドレ・リパセフ氏が明言したことで知られています。

    リパセフ氏の発言の具体的な内容としては、

    • SEOの最も大切な要素となるのが「コンテンツの質」と「被リンク」の2つ
    • 双方に大きな重要度の差異はない
    • 両方揃っていることが大切

      とのことでした。

      この発言から、200を超える検索アルゴリズムの要素の中でも「コンテンツの質」と「被リンク」の二つを対策することが、検索上位を勝ち取る上で重要と言えます。

      もちろん、他の要素も無視できません。

      ですがリパセフ氏のこの発言から推測すると、他の要素は所詮、コンテンツの質と被リンクの二つを補っている形に過ぎないと考えられます。

      よって、あなたのブログのGoogle検索順位を上げる場合は、コンテンツの質と被リンクの2つを意識することが重要というわけです。

      コンテンツの質を高めるためには、SEOキーワードに対するユーザーの疑問に的確に答えることが重要です。加えて、ユーザー本人でも気づいていない潜在的なニーズに答えられれば、よりコンテンツとしての質が高くなります。

      被リンクをたくさん集めるためには、やはり質の高いコンテンツであることが重要です。質の高いコンテンツであれば、他のサイトから自然に被リンクを貼られますし、SNSでシェアされる確率も高いでしょう。

      補足

      SNSのほとんどはリンクにnofollow属性がついているため、実際には直接的なSEO効果はありません。

      被リンクは外部的な要因なので自分でコントロールするのは難しいですが、コンテンツの質を高めることは、今すぐにでも出来ます。検索順位の上位を勝ち取るためにも、定期的にユーザーを満足させる質の高いコンテンツを作っていきましょう。

      まとめ

      Google検索順位の決定の仕組みを、3つのSTEPに分けてご紹介しました。

      Google検索の仕組みを理解することは、SEOの第一歩であり基礎でもあります。これを知りながらSEOを行うのと、知らないで行うのでは、大きな差が出ます。あなたは今、SEOの第一歩である知識を手に入れました。

      後は愚直に、ユーザーファーストを軸としてSEO対策を行っていきましょう!