ワードプレスのタグのSEO効果について

ワードプレスで記事を書く際、タグを設置することができます。

画面右端にある↓これですね。

ワードプレスのサイドバーのタグ入力画面

タグとは英語で「付箋」を意味する言葉であり、その名の通り「記事の目印」のような効果を発揮するものです。

後述しますが、タグを上手く活用すればユーザビリティの向上につながりますので、ぜひマスターしておきましょう。

なお、タグはカテゴリーと同様、自分が好きなワードを設定できるのですが、ここでふと気になりませんか?

ワードプレスのタグにSEO効果はあるの?」と。

当記事を読めば、

  • ワードプレスのタグにSEO効果はあるのか?
  • ワードプレスのタグのSEO効果を引き出すコツとは?
  • ワードプレスのタグを使うときに、やってはいけないこととは?

が分かるようになります。

それでは、詳しく解説していきます。

結論:ワードプレスのタグは、SEOに直結しない

結論から言うと、ワードプレスのタグはSEOには直結しないと私は考えています。

ここでいう直結しないというのは、ワードプレスのタグ自体がSEO効果をもたらすものではないという意味です。

理由としては、タグは本来、ユーザビリティを向上させるためにあるからです。

ですので、ブログにタグを設置する際は直接的なSEO効果を狙うよりも、「どうすればユーザーにとって使いやすくなるか?」を意識して使う必要があります。

そうすれば、間接的にSEO効果を発揮することとなります。

ワードプレスのタグがもたらす間接的なSEO効果

では、Word Press(ワードプレス)のタグがもたらす間接的なSEO効果について解説します。

その前に、まずはカテゴリーとタグの違いについて押さえておきましょう。

まずは、以下の図をご覧ください。

以下は、

  • トップページ
  • カテゴリー
  • 記事

を階層ごとに分けた図です。

余談ですが、ブログ・サイトは以下のような3層構造がSEO上望ましいとされています。

ブログの階層構造イメージ図

トップページ>カテゴリ>記事という、縦の構造になっているのが確認できますね。

イメージとしては、これにタグ(付箋)をつけることで、横の構造を構築する感じです。

では、この構造にタグ(付箋)をつけてみましょう。

ブログ構造イメージにタグをつけた画像

このようにタグを貼ると、以下のように横のつながりができます。

ブログ構造にタグをつけた画像2.

このようにすることで、ブログに訪れたユーザーは、タグをクリックするだけで、そのタグがつけられた記事一覧を表示することができます。

つまり、わざわざカテゴリをまたぐことなく、他のカテゴリーに属する記事を読めるというわけですね。

ユーザビリティの向上=SEO効果の向上につながる

上記のように、タグを上手く活用すればユーザビリティの向上につながり、ひいてはSEO効果の向上につながります。

Googleは数百ものアルゴリズムを用いて検索順位を決定しているのですが、その数ある決定要因として挙げられるのが

  • ブログの滞在時間
  • ブログの回遊率

の二つです。

滞在率とは、その名の通りブログに訪れたユーザーの滞在時間です。

回遊率とは、あなたのブログに訪れたユーザーが、どれだけほかのページを閲覧したかを測る指標のことです。

タグが設置してあるブログであれば、訪れたユーザーは自分が知りたい情報のタグをクリックし、読みたい記事を一気に表示させることができます。

これにより、

  • ブログの回遊率が増え、
  • 滞在時間が増え、
  • ユーザビリティが向上し、
  • SEO効果に繋がる

というわけですね。

また、タグは記事と記事をつなぐ役割を担っているので、クローラーが巡回しやすくなるというSEO効果もあります。

ワードプレスのタグのSEO効果を最大限発揮するコツ

では、ワードプレスのタグを上手く活用し、SEO効果を高める具体的なコツをご紹介します。

記事を書く際にタグを設置するときは、以下の5点を押さえておけばOKです。

  1. カテゴリーと被らせない
  2. 類似したタグは設定しない
  3. タグを多く設定しない
  4. タグを具体化しすぎない
  5. 無意味なタグはつけない

それでは、順を追って説明していきます。

カテゴリーと被らせない

まず、タグを設定するときはカテゴリーと被らせないようにしましょう。

カテゴリーと被らせてしまっては、タグ本来の役割を果たせなくなってしまうからです。

あなたがユーザーの立場になって考えてみてください。

タグをクリックしたら、そのタグが貼られた記事と同時に、カテゴリーに属する記事も同時に表示されてしまいます。

そうなったら、ユーザーは自分が読みたい記事と、別に読みたくない記事を判断しなければならなくなり、ユーザビリティを損ねてしまいます。

結果として、滞在時間・回遊率が下がり、SEO効果も期待できなくなるというわけです。

ですので、タグを設置するときは、必ずカテゴリーと被らないようにしましょう。

類似したタグは設定しない

ワードプレスのタグを設置する際は、類似したタグを設定しないように注意しましょう。

例えばダイエットブログなら、「ダイエット・筋トレ」「痩せるための筋トレ」「脂肪を落とす筋トレ」というようなタグです。

こうしたタグが複数つけられていたらどうでしょうか。

ユーザーの目線から見たら、「え?結局どのタグをクリックすればいいの?」と思いますよね。

このようなタグのつけ方は、不親切極まりないです。

加えて、自分がタグを設定するときも、わざわざすべてのタグを設定しなければいけないので、手間がかかります。

類似タグは一切メリットがないので、設定しないように注意しましょう。

たくさん設定しない

ワードプレスのタグを設定するときは、たくさん設定しないように注意しましょう。

記事に設定するタグは、言ってみれば「その記事の内容は、主にどんなことか?」を示すものです。

例えば、「SEOはキーワード選定の時点から始まっている」が記事の主な内容であれば、「SEOキーワード」などがタグの候補として挙げられます。

あまりにたくさんタグを設定しすぎると、ユーザーはどのタグをクリックするか選ばなければなりません。

加えて、ブログを書く側からしてみれば、タグを考える時間も設置する時間も無駄です。

タグの個数の目安としては、多くて3個です。

もちろん、1個でも問題はありません。

具体化しすぎない

ワードプレスのタグを設置するときは、具体化しすぎないように注意しましょう。

タグを具体化しすぎると設置できる記事が限られるからです。

例えば、子育てブログの場合、「赤ちゃんの爪の小指を安全に切る方法」というタグを設定しても、使える記事は非常に限定的になってしまいます。

この場合は、「赤ちゃんの爪の切り方」という、もう少し抽象的なタグを設置すると、ユーザーにとっても使いやすくなりそうです。

タグを具体化させすぎると、一つの記事にしか設定できないタグも発生してしまいます。

そうなると管理が面倒ですし、ユーザーにとっても使い勝手が悪いので、タグを具体化させすぎないように注意しましょう。

無意味なタグはつけない

ワードプレスのタグを設置するときは、無意味なタグはつけないようにしましょう。

例えば、記事の内容は「検索エンジンの仕組みとは?」について解説しているのに、「ASPの登録」などのタグを設置しても無意味です。

補足

少々極端すぎる例ですが、イメージしやすいと思います。

もちろん、記事の内容に関するタグであれば、タグを設定しても何ら問題ありません。

例えば、「ブログを立ち上げる5つの手順」という記事で、ワードプレスのインストール方法について記事中で触れている場合、「初心者向けワードプレス講座」などのタグを設定してもいいでしょう。

記事を書いていく中で、他のカテゴリーに触れることは全然珍しいことではありません。

当記事もワードプレスのタグのSEO効果について解説していますが、「ワードプレス」と「SEO」という二つのカテゴリーをまたいでいます。

ですので、タグには「知っておきたいSEO対策」「Word Press(ワードプレス)の記事の書き方」を設定しています。

重要なのは、記事に関連しない無意味なタグをつけないようにすることです。

タグを上手く活用してユーザビリティを高めよう!

ワードプレスのタグを使ったSEO対策は、今すぐに出来る方法の一つです。

直接的な効果はあまり期待できませんが、間接的にはSEO効果を担ってくれます。

当記事ではタグを活用する5つのコツを解説しましたが、必ず意識したいのが「ユーザーにとって有益なのか?」という点です。

ユーザーにとって不便と思うようなタグは、決して設定しないようにしましょう。

SEOの本質はユーザーファースト。

これだけは忘れてはいけません。