WordPressの初期設定のサムネイル

WordPressをインストールした後、最初にやることはブログのカスタムでも記事作成でもありません。初期設定です。

WordPressの初期設定をきちんと行わないと、あなたのブログの検索順位が思うように上がらなかったり、場合によっては記事のURLがいきなり変わってしまうことがあります。

私が以前運営していたWordPressブログも、その経験があります。ある設定を忘れてしまったことで、今までに書いた記事のURLが変わってしまったのです。

WordPressブログ開設の段階で設定を変更しておけば、この失敗は未然に防げたものでした。この経験から「WordPressブログを作って最初にやることは初期設定だな」と考え、この記事を執筆した次第です。というわけで、ここではWordPressで最初にやるべき7つの初期設定について解説します。

初期設定と言っても、htmlやCSSをいじるなんてことは一切しませんので、安心してください。

私がこれから解説するのと同じように、手を動かすだけでWordPressの初期設定ができます。ブログ初心者でも簡単ですので、ぜひ私の真似をして実践してくださいね。

まだWordPressブログを作成していないという方は、WordPressブログの作成から始めましょう。詳しくは「初心者向けワードプレスブログの作り方」を参考にしてください。

WordPressブログの初期設定はたった7つ

ワードプレスの初期設定では、以下の7つの設定を変更します。

WordPressの初期設定7つ
  1. 一般設定(必須)
  2. 投稿設定
  3. 表示設定
  4. ディスカッション設定
  5. メディア設定
  6. パーマリンク設定(必須)
  7. 番外編:投稿画面を旧エディターに戻す

7つといっても「一般設定」を完了した段階で、ほとんどの設定が終わっています。なので、そこまで時間はかからないので安心してください。

タクタク

お急ぎの場合は一般設定パーマリンク設定だけ済ませておけばOKです!

それでは、一つずつ解説していきます。

WordPressブログの一般設定(必須項目)

では、まずワードプレスの一般設定から始めていきましょう。一般設定では、以下の赤枠部分を設定していきます。

ワードプレスの一般設定画面

他の項目に関してはデフォルトでOKですので、この部分だけ設定していきましょう。

サイトのタイトル

まずはサイトのタイトルです。サイトのタイトルをつける際は、以下の3つのポイントを踏まえたうえでつけてください。

サイトタイトルの決め方!
  1. SEOキーワード(ビッグキーワード)を含める
  2. 読者に覚えてもらえやすい「名前」をつける
  3. 文字数は30文字が目安

参考までに、当ブログのサイトタイトルは以下のようになっています↓文字数は27文字です。

ブログタイトルの例

ビッグキーワードを含めた部分+ブログの名前をひっくるめて、サイトタイトルというわけですね。

まず、サイトタイトルにはビッグキーワードを含めます。当ブログの場合は「ブログ」「収入」「SEO」というキーワードを含めています。ビッグキーワードを含める理由は、狙ったキーワードであなたのブログを上位表示させるためです。

「そもそもキーワードの選び方が分からない!」という方は、「SEOキーワードの選定方法を完全解説」をご覧ください。

また、サイトタイトルをつける際は、読者に覚えていもらいやすい名前も付けましょう。これは、読者からの「氏名検索」を狙うためです。氏名検索とは文字通り、「読者があなたのブログの名前」を検索することです。

最後に、サイトタイトルの文字数は30文字前後をおすすめしています。これは、検索時のタイトル省略を防ぐためです。タイトルが長くなると、以下のように「…」とタイトルが省略されます。

Googleの検索結果

使用するデバイスにもよりますが、大体30文字前後まで表示されます。ですので、ブログのタイトルをつける際は、

ビッグキーワードを含めた部分+ブログの名前

が30文字前後に収まるようにしてください。

キャッチフレーズ

次にキャッチフレーズです。結論として、キャッチフレーズは空白でOKです。理由は、使用しているWordPressのテーマによって、SEOに悪影響を及ぼす可能性があるからです。

本来、キャッチフレーズは「サイトの目的やコンセプト」など、サイトの簡単な説明を入力します。しかしながら、入力したキャッチフレーズがメタディスクリプションに使われるか他の箇所で使われるかはテーマによって異なるので、空白にしておくのが無難です。

タクタク

当ブログも「キャッチフレーズ」の欄は空白にしていますよ!

WordPressブログ開設直後は「Just another WordPress site」と入力されているので、これを削除しましょう。ひとまずは、これだけでOKです。

WordPressアドレスとサイトアドレス

次にWordPressアドレスとサイトアドレスの設定です。ここでは、以下の設定を行います。

WordPressアドレスとサイトアドレスの設定
  1. 常時SSL化する(必須設定!)
  2. WordPressアドレスとサイトアドレスの設定(何もしなくてOK!)

まずは、常時SSL化(https化)を行います。WordPressブログを開設した段階で常時SSL化済みの方は、こちらの設定は不要です。

「常時SSL化したか分からない!」という方は、あなたのブログのURLに「http:~」で(sを抜いて)アクセスしてみてください。

当ブログの場合は、↓のような感じです。httpsの「s」を抜いてブログにアクセスします。

httpでアクセスしている画面

httpにアクセスして、httpsにリダイレクトされるなら常時SSL設定は完了しています。リダイレクトされないという方は、常時SSL設定を行う必要があります。以下の記事を参考にして、常時SSL設定を済ませてください。

次に、WordPressアドレスとサイトアドレスの設定です。設定と言っても、ここは特にいじらないで大丈夫です。基本的にWordPressアドレスとサイトアドレスは一致していますので、わざわざ変更する必要はありません。

むやみにWordPressアドレスを変更すると本気で取り返しのつかないことになるかもしれませんので、私は常時SSL設定の時以外、絶対にいじらないようにしています。

参考までに、WordPressアドレスとサイトアドレスの違いをご説明します。

WordPressアドレスとサイトアドレスの違い
  • WordPressアドレス…WordPressをインストールした場所のこと
  • サイトアドレス…WordPressにアクセスするためのアドレスのこと

くどいようですが、WordPressアドレスは絶対に変更しないようにしてください。

管理者メールアドレス

管理者メールアドレスの設定は、特に変更する必要はありません。デフォルトで設定されているメールアドレスでも問題はないのですが、ブログ専用のメールアドレスを設定していると、色々と都合がいいです。

というのも、普段使用しているメールアドレスを使っていると、他のメールと混ざる可能性があるからです。ごちゃごちゃしていたら、重要なメールを見落とす可能性があります。

通常、ブログアフィリエイトは

  1. ブログ用
  2. ASP用
  3. ドメイン・サーバー用

など、用途に分けてメールアドレスを使い分けるのが一般的です。なので、「あなたのブログ専用」のメールアドレスを設定しておくことをおすすめします。

ちなみに、管理者用メールアドレス宛てにメールが届くのは、ブログにコメントが付いたときなどです。わざわざコメントをくださった読者のためにも、管理者用メールアドレスをきちんと設定することは重要です。

WordPressブログの投稿設定

結論、ワードプレスの投稿設定は特に変更しなくてもOKです。というのも、投稿設定を変更してもしなくても、WordPressの使い勝手やSEO効果は特に変わらないからです。

そもそも投稿設定って何?

投稿設定とは、記事投稿に関する設定のことです。

昔は、投稿設定の一番下にある「更新情報サービス」を設定するのが一般的でした。

WordPressの投稿設定の画面

更新情報サービスとは、簡単に言えばブログの更新情報を通知する機能(PING送信)のことです。以前はこれによりSEO効果があるとされていましたが、現在は否定的な見方が多いです。

というわけで、投稿設定は特に変更する点はありません。

WordPressブログの表示設定

表示設定に関しても、特にいじる必要はありません。表示設定では「ブログをどのように表示させるのか?」を設定できるのですが、初期の段階では変更は不要です。

ただし、念のため一点だけ確認しておくことがあります。それは「検索エンジンでの表示」という部分です。表示設定の一番下の項目ですね。

WordPressの表示設定の画面

ここのチェックマークがついていないことを確認しましょう。とはいっても、デフォルト設定ではチェックマークがついていないので大丈夫だと思います。ここにチェックマークを入れるとブログ全体がnoindex状態になり、Googleに認識されなくなるので注意してください。

つまり、どんなに良質な記事を書いても、あなたのブログはGoogle検索で表示されなくなるのです。ただし、あえてチェックマークを付けた方が良いこともあります。それは「自分のブログを公にしたくない場合」です。

例えば、「まだブログが未完成だから、完成してから公表したい」という場合は、ここにチェックマークを入れておくといいです。ただし、ここのチェックマークを外さないとブログがGoogleに認識されませんので、ブログが完成したら必ず外すようにしましょう。

補足

私はいつもチェックマークを付けていません。当ブログもそうです。

WordPressブログのディスカッション設定

次に、ディスカッション設定です。ディスカッション設定では、主にコメント機能に関する設定を行います。特に重要な設定はありませんので、基本的にデフォルトのままで大丈夫です。

基本的にいじる必要はないのですが、下記の3か所の設定は、あなたの好みに合わせて設定してください。

WordPressのディスカッション設定画面

  1. は、他のブログにリンクを貼った時、相手のブログへ通知へ行く設定のことです
  2. は、自分のブログ記事にリンクが貼られた時、あなたへ通知が来る設定のことです
  3. は、あなたの記事へのコメントを許可するかしないかの設定のことです

私の場合すべてにチェックマークを付けていますが、(2)にチェックマークを付けていると、自分の記事に内部リンクを貼った時にも通知が来ます。

ですので、内部リンクを貼るたびにコメントが来るので、少々鬱陶しいです。(2)のチェックマークを外すと、他のブログから外部リンクが貼られた時に通知が来なくなりますが、外部リンクはグーグルサーチコンソールで確認できるので特に問題はありません。

いずれにしても、どの設定もブログ運営に大きな支障を来すことはありませんので、あなたのお好みに合わせて設定しましょう。

WordPressブログのメディア設定

次にメディア設定です。メディア設定では、WordPressブログの画像表示や管理に関する設定を行います。ここも特に設定は必要ありません。私も、いつもデフォルトのままにしています。

WordPressのメディア設定

サムネイルサイズや中サイズ、大サイズなどの項目が確認できますね。ここの数値を設定しておけば、画像を挿入するときに、自動的にそのサイズで画像を挿入してくれます。

いちいちサイズを調整しなくてもいいので、効率よく記事作成ができるようになるわけです。

まずはデフォルトのままで使用して、「中サイズはもっと大きい方が良いな」「大サイズはもう少し小さくしたいな」というときに、設定を変更してみましょう。

なお、チェックマークに関しても、特に変更する必要はありません。

WordPressブログのパーマリンク設定(必須項目)

次に、パーマリンク設定です。パーマリンク設定ではブログ記事のURLをどのような構成にするか?の設定を行います。ここの設定は超重要ですので、必ず行うようにしてください。

一般的にパーマリンク設定では、以下のようなURL構造が推奨されていますが、私がおすすめしているのが(2)の構造です。

パーマリンク設定のおすすめ構造
  1. http://〇〇.com/カテゴリー/記事タイトル
  2. http://〇〇.com/記事タイトル(←こっちを推奨!

(1)のままでも問題はないのですが、カテゴリーをパーマリンクに設定すると、カテゴリーを変更したときに全てのURLが変更されてしまいます。

現段階で、あなたはWordPressブログを開設したばかりのはずです。今後ブログを運営していくわけですが、その過程でカテゴリーを変更したくなる時もあるでしょう。

その時にパーマリンク設定でカテゴリーが含まれていると、そのカテゴリーに属する全ての記事のURLが変わってしまうのです。新しいURLに変わるわけですから、当然、記事のSEO評価も全てリセットされます。100記事あれば、100記事丸ごとURLが変わるわけです。

タクタク

ちなみに、私が過去のブログで記事URLが変わったのも、これが原因です。

私が推奨する(2)であれば、記事URLにカテゴリーが含まれていないので、途中でカテゴリーを変更しても問題はありません。URL構造もよりシンプルになりGoogleからも評価されますし、何よりユーザーにも伝わりやすい構造です。

以上の理由から、パーマリンク設定は「http://〇〇.com/記事タイトル」を推奨しています。では、さっそくパーマリンク設定を変更しましょう。

変更するといっても、難しい作業は一切ありません。「カスタム構造」の欄を「/%postname%/」のみに変更するだけです。

WordPressのパーマリンク設定の画面

では早速やってみましょう。↓をそのままコピペし、下記の画像のように貼りつけてください。

/%postname%/

変更後は、以下のようになります。

WordPressのパーマリンク設定の変更後画面

パーマリンク設定はこれだけでOKです。簡単ですね。なお、設定変更後にパーマリンク設定を見てみると「投稿名」のところにチェックマークがついています。

パーマリンク設定変更後の設定画面

これでも全く問題ありませんので、ご安心ください。カスタム構造が「/%postname%/」なっていればOKです。この設定をしておけば、記事を投稿するとき、任意の文字列をURLに設定できるようになります。

例えば、当記事のURLは「https://afi-ota.com/wordpress-initial-setting/」になっていますが、「wordpress-initial-setting/」の部分は私が入力した部分です。

記事作成のたびにいちいち変更するのは面倒ですが、URL構造をシンプルにするためにも、ここは妥協せずにきちんとやりましょう。

番外編:投稿画面を旧エディターに戻しておく(任意)

以上でWordPressの初期設定自体は終了しているのですが、WordPressの投稿画面を旧エディター(Classic Editor)に戻す方法について解説しておきます。

旧エディターとは?

以前、デフォルトで実装されていたワードプレスのエディターのこと。現在は最新のエディターGutenberg(グーテンベルク)がデフォルトで実装されています。

WordPressを開設したばかりのあなたのブログには、新エディターであるGutenberg(グーテンベルク)がデフォルトで実装されています。新エディターでも全く問題はないのですが、このエディターには一つの問題があります。それは

 

タクタク

めちゃくちゃ使いづらい!!!

という点です。この新エディターはアフィリエイターにはなかなか不評で、多くの方がいまだに旧エディターを使用しています。ちなみに私も旧エディターを使用しています。

もちろん、新エディターで記事を書いても全く問題はありません。問題はないのですが、やはり旧エディターの方が無料ブログの感覚に近く、記事作成がスムーズです。

というわけで、旧エディターに戻す方法をお伝えしておきます。やり方は簡単で、Classic Editorというプラグインをインストールし有効化するのみです。詳しいやり方は、以下の記事で解説しています↓

➡関連記事:WordPressの投稿画面を旧エディタに戻す方法。

終わりに

以上で、WordPressブログの初期設定は完了です。意外と簡単だったのではないでしょうか。

くどいようですが、いくら面倒でも一般設定とパーマリンク設定は済ませておきましょう。

あとから初期設定を変更しようとすると、記事URLが変更になったりSEOに悪影響を及ぼす可能性があったり、いいことは全くありません。

私のような失敗を防ぐためにも、WordPressをインストールしてすぐの段階で、初期設定は全て終わらせておきましょう。当記事のやり方を真似しながら取り組めば、1時間もかからないと思います。