悩む男性悩む男性

パーマリンク設定って何?

ブログ初心者におすすめのパーマリンク設定は?

パーマリンク設定に失敗するとどうなるの?

当記事を読めば、これらの疑問・悩みを一気に解決することができます。WordPressのブログを開設したら、次に行うべきがWordPressの設定です。そして、その設定の一つがパーマリンク設定です。

パーマリンク設定は意外と重要な設定なのですが、おろそかにしているブログ初心者さんも少なくありません。少し設定を間違えただけで、記事のURLが変わってしまう危険性が大きいにも関わらずです。

せっかくブログを始めたのですから、やる気が削がれるような大きな失敗はなるべく避けたい、というのが本音ではないでしょうか。

というわけで、当記事では初心者におすすめのパーマリンク設定の方法と、おすすめする理由について詳しく解説していきます。

WordPressのパーマリンクとは?どんな設定?

WordPress(ワードプレス)のパーマリンクとは、記事ごとに設定するURLのことです。パーマリンクを設定することを「パーマリンク設定」と言います。そのままですね。

例えば、当ブログのURLは「https://afi-ota.com/」ですが、当記事のURLは「https://afi-ota.com/wordpress-permalink/」となっています。

この「wordpress-permalink/」という部分(スラッグといいます)を設定することを、パーマリンク設定と言います。

パーマリンク設定について説明している画像

何やら難しそうに見えますが、全く難しいことは一切しません。WordPressの設定画面から簡単に出来る操作ですので、ブログ初心者でも簡単に設定できます。

後述のように、パーマリンク設定は非常に重要な設定ですので、この機会にきちんと設定しておきましょう。

WPのパーマリンク設定でおすすめなのは「投稿名」

結論として、WPブログのパーマリンク設定でおすすめなのは投稿名(記事タイトル)のみです。他のブログを見てみると「カテゴリー名/投稿名」をおすすめしているところもありますが、私は投稿名のみをおすすめしています。

理由は2つあります。

まず一つは、パーマリンク設定を投稿名のみにすることで、URLの構造がシンプルになるからです。百聞は一見に如かず。以下をご覧ください。

パーマリンク設定のURLを比較している画像

投稿名だけのパーマリンクの方が、シンプルなURL構造になっているのが確認できますね。では、なぜURLをシンプルにする必要があるのかというと、Googleが「シンプルなURL構造」を推奨しているからです。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

引用元:Google search consoleヘルプ

URL構造はできる限りシンプルにと明記されていますね。Googleが「こんな風にしてください」とわざわざ明言しているのですから、サイト運営者として、それに従わない理由はありません。

 

次に、パーマリンク設定で「投稿名」をおすすめする2つ目の理由は、あとでカテゴリーを変更してもURLが変わらないからです。

URLにカテゴリー名を含めてしまうと、カテゴリーを変更した時点で、そのカテゴリーに属する全ての記事のURLが変わってしまいます。

パーマリンク設定の影響でURLが変わっていることを説明している画像

これを防ぐために、パーマリンク設定を「投稿名のみ」にしておくというわけですね。投稿名だけなら、カテゴリーを変更してもURLが変わることはありません。

悩む男性悩む男性

URLが変わって、何かデメリットでもあるの?

と思うかもしれませんが、めちゃくちゃあります。代表的なのがこれまでのSEOの評価が全てリセットされるというデメリットです。

3年の前に書いた記事だろうが、全て新しく作成された記事とみなされることとなります。当然、他のブログから被リンクを受けている場合は、その被リンクによるSEO効果も全て無効となってしまいます。

対処法としては、リダイレクトしてSEO評価を引き継ぐという方法がありますが、URLが変わってしまった記事を全てリダイレクトするのは、非常に骨が折れる作業です。

特に、あなたや私のように副業でブログをやっている場合はなおさらです。そんな作業に時間をかけるよりも、コツコツと記事を積み重ねていく方が、よっぽど建設的です。

以上の理由から、ワードプレスブログのパーマリンク設定は「投稿名のみ」をおすすめしています。おすすめというよりも、正直言ってそれ以外を選ぶ理由がありません。

早速、パーマリンク設定をワードプレスでやってみよう

では、パーマリンクのおすすめ設定をふまえた上で、実際にパーマリンク設定をやってみましょう。まずは、WordPressのダッシュボードへアクセスしてください。

次に、ダッシュボード画面から「設定」>「パーマリンク設定」をクリックしてください。

パーマリンク設定の画面にアクセスしたら、「投稿名」を選択します。

パーマリンク設定変更後の設定画面

投稿名を選択したら、画面下にある「変更を保存」をクリックします。これで、パーマリンク設定は完了です。簡単ですね。

なお、パーマリンク設定以外のワードプレスの初期設定については、初心者でも簡単に出来るワードプレスの初期設定を参考にしてください。

パーマリンク設定がSEOに与える影響は大きい?

結論から言えば、パーマリンク設定によるSEO効果は大きくありません。

根拠としては、URL構造がSEO上適切でなくても、上位表示出来ているサイトはいくらでもあるからです。その最たる例が、ブロガーなら絶対に読んでおきたいサイト、バズ部さんです。

バズ部さんのパーマリンク構造は「投稿名」に加えて、末尾に「記事ID」と「html」がついています。つまり、URLの構造上、決してシンプルとは言えないわけです。

しかしながら、バズ部さんはブロガーでは知らない人がいないほど、SEO関連の記事で上位表示を達成できています。パーマリンクの構造がSEOで重要なウェイトを占めているのなら、バズ部さんのコンテンツが上位表示することは考えられません。

タクタク

ちなみにバズ部さんも、パーマリンク設定は「投稿名のみ」が望ましいと結論付けています。詳しくは以下の記事をご覧ください。

WordPressのSEO面で最適なパーマリンクの設定方法【バズ部】

これは、やはりパーマリンクの構造よりも「コンテンツの質」が重視されていることを裏付けていると言えます。実際、バズ部さんのコンテンツは非常に完成度が高く、Googleから高い評価が得られている

そもそも、SEOの評価で重要なのは「コンテンツの質」と「被リンク」というのがSEOの専門家の共通認識です。以上の理由からパーマリンク設定を適切にしたからといって、SEOの評価が高くなることはないと言えます。

WordPressのパーマリンク。日本語より英語入力がおすすめ

WordPressのパーマリンク設定で「投稿名」にすると、記事作成の都度、URL構造を手動で入力する必要があります。URL構造を入力する際は、日本語より英語で入力することをおすすめしています。

理由はいくつかあるのですが、一番の理由は、外部サイトなどにURLを貼りつけるときに、URLが長くなるからです。

例えば、当記事のURLは「https://afi-ota.com/wordpress-permalink」ですが、これを日本語URLの「https://afi-ota.com/ワードプレスのパーマリンク」に変えると、外部サイトへ貼りつけた時にURLが長くなります。

具体的には、こんな感じです↓

https://afi-ota.com/%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af

現在はSNSで記事を紹介したり、また、読んでくれた人がシェアしてくれたりするので、URLはなるべく短くする方が良いです。上述のように、GoogleもシンプルなURLを推奨しているので、やはり英語で入力するのが無難でしょう。

ちなみに、以前は日本語URLはSEO上不利という話がありました。しかし、現在はGoogleのアルゴリズムも非常に賢くなっているので、日本語URLでも上位表示が可能です。

可能なのですが、日本語URLだと何かと不都合が多いのも事実なので、パーマリンクは常に英語で入力することをおすすめしています。なお、どうしても日本語で入力したい!という場合は、ローマ字入力をおすすめしています。

例えば、ワードプレスの始め方なら「WordPressの始め方」よりも「WordPress-hajimekata」のような感じです。日本語だろうが英語だろうが、要するにURLを見るだけで「何の記事なのか?」が分かればいいのです。

そのURLで本当に上位表示できるの?と思いますが、実際にこのようなURL構造で上位表示している記事を見かけたこともあるので大丈夫です。

以上の理由から、パーマリンクを入力する際は英語で入力するようにして、どうしても日本語を使いたい場合は、ローマ字で入力するようにしましょう。

パーマリンクを入力するときにおすすめする3つのコツ

記事作成時にパーマリンクを入力する際は、なるべく英語で入力しましょうと先述しました。さらに、以下の3つのコツを押さえておくことで、SEOに最適化されたURL構造に出来ます。

パーマリンク入力時の3つのコツ
  1. URLを長くしすぎない
  2. URLを見ただけで記事の内容が分かる
  3. アンダースコアは使用しない

それでは、それぞれ簡単に解説していきます。

URLを長くしすぎない

まず、パーマリンクでURLを入力する際は、URLを長くしすぎないようにしてください。URL構造はシンプルなものが望ましいので、長すぎると複雑なURLになってしまいます。

よって、使用する英単語は3語までをおすすめします。例えば、「ブログの記事の書き方」という記事にパーマリンクを設定する場合は、「https://example.com/how-to-write/」というような感じです。

どうしても難しい場合は4語使用しても問題ありませんが、やはりシンプルなURLにするためには、出来るだけ3語で設定するのがおすすめです。

URLを見ただけで記事の内容が分かる

記事を書くときにパーマリンクを設定する場合は、URLを見ただけで記事の内容が分かるようにしましょう。これは、ユーザーやGoogleに「どんな内容の記事なのか?」を伝えるためです。

先ほどの例でいえば、「https://example.com/how-to-write/」の太字部分を見れば、その記事にはどんな内容が書いてあるのかすぐに分かるはずです。

英語でパーマリンクを設定する場合「どんな単語を使えばいいのか分からない」というときがあると思いますが、その時は「〇〇 英語」で検索するか、ローマ字表記にするかなどして、対処していきましょう。

アンダースコアは使用しない

パーマリンクを設定する際は、アンダースコアは一切使用せず、ハイフンのみを使いましょう。

補足

アンダースコアとは、アンダーバー「 _ 」のことです。URLにはアンダースコアかハイフン「-」のいずれかを使用できます。

ハイフンのみにする理由は簡単です。Google先生が、アンダースコアよりもハイフンを利用するように推奨しているからです。なぜハイフンなのか?については私も確認できていませんが、Googleが推奨している以上、それに従わない理由はありません。

これはあくまで私の推測なのですが、Googleがハイフンのみをおすすめしている理由は、URL構造をよりシンプルにするためではないか?と考えています。

というのも、アンダーバーとハイフンが入り混じっているURLは、見た目的にも構造的にも複雑になるからです。また、URLを手入力するとき「あれ?アンダーバーだっけ?それともハイフンだっけ?」と混乱することも考えられます。

手動でURLを入力する機会はほとんどないと思いますが、絶対にないとは言い切れないですし、ブログのユーザーが手入力で記事にアクセスするかもしれません。

とにかく言えることは、初めからハイフンで統一しておけば、これらによる弊害は全て回避できるということです。

というわけで、記事作成時にパーマリンクを設定する場合は、

パーマリンク入力時の3つのコツ
  1. URLを長くしすぎない
  2. URLを見ただけで記事の内容が分かる
  3. アンダースコアは使用しない

という3つのコツを、きちんと意識しましょう。